« ≪フィリップスの、油を使わないで揚げ物ができる、ノンフライヤー≫カテゴリー:「キッチン関連の製品」 | トップページ | ≪ごく簡単に、皮下脂肪厚を計ることができる、ポッコスティック(Pocco Stick)≫カテゴリー:「健康機器」 »

2013年2月16日 (土)

≪お鍋の中のお湯がくるくる回る、その名も、くるくる鍋≫カテゴリー:「キッチン関連の製品」

トップページ

今日は、1週間ほど前に、NHKおはよう日本と言う番組の中の、「まちかど情報室」というコーナーで紹介されていた、便利で、おもろい、「くるくる鍋」と言うものをご紹介します。

<くるくる鍋ってどんなもん?>

このお鍋さん、歯医者さんが考案したみたいで、試作品の段階では、歯の治療に使う石膏を、鍋の内側に斜めに貼り付けて、渦を作っていたそうです。

 なぜ、鍋の中のお湯が回るのか?

それは、鍋の内側に斜めに凹凸を作ったリンクを入れるので、お湯が沸くと、あぶくが、その斜めのラインに沿って上がって行き、それで渦が出来のです。

 さて、それでは、鍋の中に渦(うず)が出来ることのメリットは、一体なんなんでしょうか?

販売会社の「WATANABE」のホームページに書いてあることを列挙し、
僕が理解した範囲の説明を加えます。

1.混ぜる手間が省ける

鍋の中のお湯がくるくると回るので、強(し)いて攪拌(かくはん)する必要がないということでしょう。

2.早く茹で上がる

これは、ちょっと分かりまへ~んweep

3.吹きこぼれにくくなる

お湯が回るので渦ができ、あぶくが鍋の中心に来て、吹きこぼれにくくなるようです。

4.アク取りが簡単

あぶくと同じく、渦(うず)の中心にアクが集まるので、そこに、おたまを置くだけで、自然にアクがおたまの中に入っていきます。

ではまず、試作品の段階の映像を見てもらいましょう。

鍋の内側に、石膏を斜めに溝を作りながら塗っています。

次は、完成品です。

音量が低いので、少し聞きにくいです。

音量を上げてみて下さい。

いかがでしたか?

僕が思う唯一のデメリットは、値段が9,800円と、少々高いことですかね!?

でも、早く煮えるので、何年間か使えば、元が取れるかな?

それよりも、アク取りが簡単なことの方が、メリットしては大きいでしょうね。

アク取りって、結構、面倒ですからね。

アマゾンで売っていますよ。

<WATANABEがアマゾンに出品>

WATANABEが販売し、アマゾンが配送します。

ガス専用 18cm

価格:9,800円

送料:通常配送料無料

さあ、それでは、東北をはじめとして頑張っている方たちへの応援歌です!

「Kanjitaka」さんが歌っている、「Don't give up Jaqpan」です。

長淵剛に似ていますよね?

次は、アルビノーニの「オーボエ協奏曲」で、
奏者は、現代最高のオーボエ奏者と言われる、ハインツ・ホリガーです。

なぜ、急にクラシックかというと、

先日買ったスピーカー、タイムドメイン ライトTIMEDOMAIN LIGHT)で、この曲を聴くと、心がとても静まるからです。

パソコンのイヤホンジャックに差し込んで聴と、ええ音色で聴かせてくれますよ。

タイムドメイン ライトの記事

いかがです?

心が和(なご)みましたか?

春が、もうすぐそこまでやって来ています。

みなさま、インフルエンザには、充分にお気を付け下さい。

それじゃまたねぇlovely

トップページ

|

« ≪フィリップスの、油を使わないで揚げ物ができる、ノンフライヤー≫カテゴリー:「キッチン関連の製品」 | トップページ | ≪ごく簡単に、皮下脂肪厚を計ることができる、ポッコスティック(Pocco Stick)≫カテゴリー:「健康機器」 »

キッチン関連の製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪フィリップスの、油を使わないで揚げ物ができる、ノンフライヤー≫カテゴリー:「キッチン関連の製品」 | トップページ | ≪ごく簡単に、皮下脂肪厚を計ることができる、ポッコスティック(Pocco Stick)≫カテゴリー:「健康機器」 »