« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

≪暖炉の炎のゆらめきを、忠実に再現した、電気暖炉・ピアモント≫カテゴリー:「暖房機器」

トップページ

今日は、先日の朝のNHKのニュース番組、おはよう日本の、「まちかど情報室」というコーナーでで紹介された、とっても素敵な物をご紹介します。

その時に紹介された、3品に共通なのは、「よ~く見ると・・・です」。

その中で、見ていて一番、「オーッ!」となったのが、今日、ご紹介する、
電気暖炉・ピアモントです。

以前ここで、キャンドルの炎のゆらめきを、LEDで再現した、「LEDキャンドル・ルミナラ」をご紹介しましたが、

LEDキャンドル・ルミナラ

電気暖炉・ピアモントは、違う方法で炎のゆらめきを再現しています。

<電気暖炉・ピアモントの特徴>

 本物の暖炉のような、炎のゆらめきを、再現しています。

どのようにして、炎のゆらめきを再現しているかというと

暖炉の下部に、水を入れるタンクがあり、その水を暖めて水蒸気を発生させ、
そのゆらぎに光を当てて、炎のゆらぎに見せているのです。

それでは、実際に、どのようなゆらぎかを、映像でお見せしましょう!

いかがですか?

ホンマモンの薪(まき)を燃やしている暖炉のように見えるでしょ?!

書き忘れてました!

暖房器具としては、暖炉の下部から、電気で温めた温風が出てきます

 次に、デメリットも書いておきましょう。

1.型番・PMN12Jは、値段が、155,400円と、結構高いことです。

2.大きさが、540×650×411mm(W×H×D)と、結構かさばること。

3.重さが、22kg あります。

 メリット、デメリット、両方ある電気暖炉・ピアモントですが、これを置くことによって、豊かな気持ちになれるような気がしますね。

家に、置くスペースと、お金に余裕がある方は、気持ちに余裕を作り、暖かくするインテリアとしてみるのがええでしょうね。

そうそう、電気式暖房器具なので、室内の空気を汚しませんよ。

ですから、これを使うことによる換気の必要はありません

アマゾンにあります。

<アマゾン>

価格:155,400円

送料:通常配送無料

さてさて、今日からまた寒波が来るそうですし、インフルエンザが流行(はや)っているので、みなさん、お気を付け下さい。

それでは、東北をはじめとして頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の、「ダイジョウブ」です。

次は、CHAGE&ASKAの「僕はこの瞳で嘘をつく」です。

みなさんは、ウソをつかないようにねbleah

この記事をアップするのに、えらい時間がかかってしまいましたcoldsweats02

最近、ランニングをサボっているせいか、身体に力が入りませんweep

こういう時は、寒さを我慢して走ると、身体が暖まり、走った後は爽快(そうかい)な気分になり、身体の調子も良くなるので、今から6kmほど走ってくることにしますrun

それではみなさん、ごきげんよう、またねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

≪古都、京都で、400年続く老舗料亭の「おかゆさん」の作り方!≫カテゴリー「うまいもん」

トップページ

今日で、正月も早や、17日にもなってしまいましたね。

みなさん、正月や!ということで、暴飲暴食をされたのではないでしょうかねhappy01

そこで今日は、古都、京都で、400年続く老舗料亭の、おかゆさんの作り方を、伝授いたしましょう!

と言っても、僕が取材したのではなく、NHKの、確か、「ためしてガッテン」で、やっていた方法の受け売りですけどね・・・(笑)

そのお店は、早朝、祇園帰りのお客さんが、よく来店され、あっさりとしたおかゆさんを、注文する人が多かったそうです。

そこで、そういうお客さんのために作ったおかゆさんが、その店の看板メニューになったそうです。

番組の、「ためしてガッテン」では、料理本のレシピ通りに作ったおかゆさんと、老舗料亭のおかゆさんとを、一般の人に食べ比べてもらっていました。

その結果は、

最初のうちは、どちらのおかゆさんも美味しく、結果は拮抗(きっこう)していました。

アレ! な~んや、料理本と同じレベルなんかいな!と思って見ていたら、

食べる順番が遅くなる人につれ、老舗料亭のおかゆさんを選ぶ人が増えてきて、
最終的には、27:7で、老舗料亭の圧勝という結果になりました。

しかも、料理本の方を選んだ7人は、順番が初めの方の人たちでした。

料理本のレシピで作ったおかゆさんは

10分以上経つと、糊(のり)のようになってしまい、美味しくなくなってしまったのです。

一体なぜなんでしょうか?

それは、デンプンには、湖化(こか)=(食品中のデンプンが糊状になること)する時、自分の重さの数百倍の水を吸い込む性質があるのですが、

おかゆさんになった、米の中のデンプン質が、水分を吸収してしまい、時間が経つにつれて、糊のように、固まってしまって、美味しくなくなってしまったのです。

さあ、それでは、老舗料亭のおかゆさんの作り方ですが、その前に、料理本のレシピをご紹介しましょう。

え!?  引っ張るって? ハハハ!

<料理本のおかゆさんの作り方>

 土鍋に水と米を入れて、フタをして、強火で加熱します。

 沸騰(ふっとう)したら弱火にして、およそ30分、粘りが出るのでかき混ぜません

 火を止めて、15分蒸(む)らします。

この作り方は、一般的には、とても妥当な作り方で、作りたてを食べれば、とても美味しく、おかゆさんをいただくことができます。

さあ、それでは、いよいよ、老舗料亭のおかゆさんの作り方です。

<京都の老舗料亭のおかゆさんの作り方>

材料: 米1合  水(使う時には熱湯にしています)1ℓ  差し100mℓ

 米を研(と)いで、20分ほどザルに挙げておきます。

 沸騰したお湯に、その米を入ます。

ここで、それを見ていた人たちから、「え! 沸騰したお湯の中に入れるの!」という、驚きの声がでまし。

その理由は、あとで…happy01

 米どうしがひっついたりするので、鍋の底をなでるように混ぜます

ここでもまた、見ている人達の、「フタを閉めないのですか?」という、驚きの声が上がりました。

 米を入れて、強火で3分加熱した後に、中火(米が踊るくらいの火加減)にします。

かき混ぜの見極め時は、鍋の中で米が偏(かたよ)ってきたら、均一になるように優しくかき混ぜます。

この間、フタはずっと開けたままです。

 米を入れてから、11分後に、粘りが多くなり、ひっつきやすくなるので、熱湯100mℓ足します。

鍋に米粒がひっつかないように、鍋肌をなでるように、そっとかき混ぜます。

 米を入れて15分後火を止めてフタを閉め蒸らしを3~5分すれば出来上がりです。

以上で、終わりですが、今までの、おかゆさんの作り方の常識と違うところが、いくつか出てきているので、補足説明をしましょう。

<補足説明>

1.
米の中にデンプンがありますが、先ほども書いたとおり、デンプンは湖化するときに、自分の重さの数百倍もの水を吸い込むので、時間が経つにつれて、おかゆさんの水分(重湯)を吸ってしまい、糊状にしてしまうのです。

その点、老舗料亭の、研いだ米を、熱湯の中に入れる方法は

熱湯の中に米を入れることにより、米の周りを湖化させていわばコーティングすることにより中のデンプンが外に出てくるのを、押しとどめてくれるので、時間が経っても、おかゆさんが糊状にならないのです。

2.
おかゆを作っていて、調理の最後に、火を止めるまで、鍋のフタをしないというのは、
ご飯を炊くときの常識とは、大分違うので、老舗料亭の若主人の調理を、見学していた人たちは、ビックリして、フタをしないんですか?と聞き直していました。

さあ、これで、少々時間が経っても、糊のように固まったりしない、美味しいおかゆさんを、いつでも作ることができるようになりましたねhappy01

それでは、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

なぜアンパンマンの主題歌かというと

「偶然とはいえ凄く今回の災害にマッチした歌詞ですね」という、コメントをされた方に対して、この動画を、ユーチューブにアップされた「tagoshu」さんは、こうおっしゃっています。

偶然ではないですよ。作詞者であるやなせさんの、二次大戦の戦中­戦後体験から生まれた歌です。戦争や自然災害、そしてそれに伴う­飢えと戦う歌なんです

僕も、全く知りませんでした。

では、次に、宮本笑里さんの「break」です。

え!また!と思われる、あなた!

随分(ずいぶん)とここに来てくれていますねhappy01

この曲をアップするのは、これで3、4回目になるでしょうか。

可愛いいし、曲も演奏も、素晴らしいから、ええですよね!

このところ日本中で、寒波が吹き荒れていますので、外出される時には、滑って転んだりしないように、くれぐれもご注意下さい。

僕も、肩腱板断裂のリハビリを頑張っています。

早く、みんなと同じくらいにスポーツを楽しめるようになりたいです。

そうそう、入院中、雪道で滑って転んで、肩腱板を断裂した人もいましたので、

みなさん、ほんまに、お気を付け下さい。

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

≪自宅で簡単にソーダ水を作れる、ツイスパソーダ≫カテゴリー:「グルメ・クッキング」

トップページ

今日は、昨年の12月に、NHKの朝のニュース番組、おはよう日本の、「まちかど情報室」という番組で紹介されていた、ちょっとおもろいもんをご紹介します。

どんなもんか?!

それは、自宅で簡単に、ソーダ水を作れるマシーンで、ツイスパソーダと言います。

<ツイスパソーダってどんなもん?>

 炭酸ガスの入った、専用のカートリッジ(小さなボンベ)をノズルに入れて、水の入ったボトルに差し込み、あとは、それをひねるだけで、炭酸水が出来上がります

 水だけでなく、ジュースやウィスキーなど、お好みに応じて、色々な水分を炭酸入りにできます。

余りにも簡単なので、かえって分かり難いかもしれないので、最近、おなじみになってきた動画を貼りつけましょうhappy01

日本の販売元のグリーンハウスが、アップしているようです。

ツイスパソーダについては、ユーチューブに、いくつかアップされていました。

その中から、英語ですが、一番分かりやすかったのと、字幕が入っているので、これをアップすることにしました。

いかがでしたか?   簡単でしょ!

アマゾンに出品されています。

<アマゾン>

価格:6,280円~

カートリッジ50本

価格:2,500円

さて、これをどういう風に活用していくかですが、僕やったら、日本酒の中に入れてみたいですね。

ただ、注意しなければいけないのは、

炭酸を入れると、甘さを感じにくくなるので、糖分を摂り過ぎることです。

コーラから、炭酸を抜いた時、こんなに甘いもんを飲んでいたのか!とビックリしますよね。

この点、充分にご注意下さい。

さあ、それでは、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

次は、BEGINの「恋しくて」です。

しっとりと歌い上げ、心の奥にまで滲(し)み込んでくるような、ええ歌ですね。

今日は、夜に雨が降ってくるそうなので、反省会beerbottleが終わったら、まっすぐに帰ることにしよう。

明日、祭日なので、2次会に誘われそうなんですよねcoldsweats01

まっすぐ帰るという、強い決意を持って反省会に臨(のぞ)まないと、気が付いたら、2次会で呑んでいるということになりそうです~coldsweats02

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

≪覗(のぞ)き込まなくとも体重が分かる、サルート ワイヤレス体重計≫カテゴリー「健康機器」

トップページ

みなさま、明けましておめでとうございますlovely

と言っても、今日は、はや11日ですねcoldsweats01

正月の挨拶は、松の内までや!という厳しいご指摘を頂戴しそうですね(笑)

と、ここまで書いてきて、松の内は7日まで、と思っていたのですが、調べてみた結果、15日までの所もあるようなので、まあ、危うくセーフといったところですかね。

さて、みなさん、正月太りをされているのではないでしょうか?・・・→絶対そうでしょうbearing

まあ、かく言う、私も、例に漏れず太りましたcoldsweats01

そこで、今日は、サルートワイヤレス体重計という名前の付いた体重計のご紹介です。

<サルートワイヤレス体重計の特徴>

 体重計に乗って、自分で自分の体重を量るとき、みなさんは、
体重計を覗(のぞ)き込むようにして見ますが、お年寄や、目が悪い方たちにとっては、そういう姿勢をとること自体が、とてもしんどいことです。

そこで、このサルートワイヤレス体重計は、計測した体重の、表示部分を分離させて、手元でも見ることができるようにしました。

 乗る部分を透明にしてあるので、今までの体重計とは一味違う、シャレたデザインになっています。

使う時に、ちょっと注意しなければいけないことは、

体重計の四隅を平らな所に置かなければ、正確な計測ができないことです。

アマゾンでありますよ。

<アマゾン>

1.ピンク

価格:2,594円

送料:通常配送無料

2.ホワイト

価格:2,594円

送料:通常配送無料

さあ、みなさん、こういうシャレた体重計で、今の自分を計ってみませんか?

今日で、東北大震災1年10か月経ちましたね。

被災されたみなさんは、それぞれ頑張っていらっしゃることでしょうが、我々も、できるだけのサポートをしていきましょう!

僕は、毎日、福島の酒bottleを飲んでいますhappy01

それでは、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

Kanjitakaさんが歌っているのでしょうか?

なかなか、ええ歌です。

次は、いきものがかりの「笑ってたいんだ」です。

もうすぐ、この寒波は、去るそうですので、みなさん、なんとか頑張っていきましょう!

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »