« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

≪手動で果汁と繊維を分けて搾れるジューサー・ココヴィータ(COKO VITA)≫カテゴリー:「キッチン関連の製品」

トップページ

今日は、NHKの朝のニュース番組、おはよう日本の、「まちかど情報室」というコーナーで紹介されていた、とてもユニークなジューサーココヴィータ(COKO VITA)をご紹介します。

<ココヴィータ(COKO VITA))の特徴>

 果汁と絞りかすの繊維別々の口から出きます。

手前の出口からは、果汁が出て、先っぽからは、繊維が出てきます。

ですから、果汁はそのままジュースに、先っぽから出てきた繊維は、クッキーなどに入れて使うことも出来ます。

 手動のジューサーで、低速で絞るので、美味しさや、栄養を逃しません。

 電源が要らないので、何処ででも使うことが出来ます。

 パーツごとに、簡単に分解できますので、簡単に洗えていつも清潔に保つことが出来ます。

 絞るも、樹脂で出来ているので安全です。

絞っているところと、分解をしているところの動画があります。

いかがでしたか?

簡単に絞れて、分解できるでしょ?

アマゾンにあります

<アマゾン>

1.グリーン

価格:3,873円

送料:通常配送無料

2.オレンジ

価格:3,752円

送料:通常配送無料

果汁と絞りかすの繊維が、別々に出てくるのがいいですね。

繊維質を摂るということも、健康にとっては大事なことですからね。

それでは、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

次は、宮本笑里さんの「break」です。

ゆったりとした気持ちにさせてくれる、曲と、笑里さんの演奏ですね。

昨日、今日と、夜がほんの少しだけ、ましになったような気がしますが、まだ、クーラー無しでは寝ることが出来ませんね。

もう少しの辛抱で、涼しい秋風が立つようになると思いますので、みなさん、お身体に気を付けて下さい。

頑張りましょう!

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

≪船酔いが一瞬で治る、「探偵ナイトスクープ」で紹介された、チョービックリな方法≫カテゴリー:「健康に関したこと」

トップページ

今日は、一昨夜の金曜日、関西地方で放送された、「探偵ナイトスクープ」という、番組の中で紹介された、「船酔いが一瞬で治る、チョービックリな方法」を、ご紹介します。

この番組は、視聴者が、疑問に思ったことなどを、番組に依頼して、解決してもらうという内容なのです。

昨夜は、大阪府の55歳男性からの依頼でした。

<その依頼内容は>

その男性が、知人とバリ島にスキューバダイビングをしに行き、ポイントまで船で行く途中、知人が強度の船酔いになり、ゲェーゲェーとあげていたところ、

現地の日本人ガイドさんが、ある方法を使って、船酔いを一瞬で治してしまったのです。

さっきまで強度の船酔いに苦しんでいた人が、あれ!?治った!と、言って、そのまま元気になってしまいました。

これがたまたま、その友人にだけ効(き)いたのか、それとも、他の人にも効くのかを、調べて欲しいという依頼内容でした。

今回の探偵さんは、たむらけんじ、通称たむけんでした。

まず、最初に、探偵ナイトスクープの医学担当の、淀川キリスト教病院の医師、谷均史さんを呼びましたが、自律神経が絡んでいて、そのような結果になるのかもしれないということしか分かりませんでした。

その後、バリ島に電話をして、治す方法を確かめた後、

治す方法を全く知らない人がいた方がええやろうということになり(その理由は、後で分かります)、

ちょうど都合よく、探偵のお手伝いをしたい、ナイトスクープのためなら、身体を張りますという、今回の調査にピッタリの原口淳さん、23歳大学生も連れて行くことになりました。

≪いよいよ実験開始≫

向かった先は、予算の加減でバリ島ではなく、淡路島の由良港でしたhappy01

漁師の人に事情を説明し、沖に出て、波の荒い所まで連れて行ってもらいました。

なんとか、事情を全く知らない、原口さんを先に酔わせたくて、船酔いしやすくなるように本を読ませたりしましたが、真っ先に船酔いしたのは、たむら探偵でした(笑)

たむら探偵が、ゲェーゲェーあげている横で、原口さんも、とうとう気分が悪くなってしまいました。

やっと、船酔いを一瞬で治す方法を、試す機会が訪れたのです!

<その方法は!>

スタッフが、たむら探偵と、原口さんの背後に、そ~っと近づいて、クーラーボックスから取り出した、ペットボトルの中の、キンキンに冷えた水を、二人の首筋いきなりかけました。

そして、さらに、追い打ちをかけるように、逃げようとする二人の股間(こかん)にも、その水を流し込みました。

すると、次の一瞬、二人とも、アレッ、メッチャ、シャキッとした、なんともない!という状態になってしまいました。

そして、船が港に戻る途中、最後まで頑張っていた、谷先生の船酔いがひどくなりました。

そこで、港に着いた途端、今度は、谷先生に同じことをした結果、やはり一瞬で船酔いが治ってしまいました。

<結論と注意点>

1.冷水をかけられた時に、ドキッとするので、心臓に疾患がある人にはダメです。

2.船酔いの人に分からないようにいきなり冷水をかけなければ、効果がない時もあるので、注意して下さい。

3.ほぼ全身が水浸になるので、覚悟して下さいhappy01

この技、元々は、沖縄のダイバー仲間でやられていて、それを、バリの日本人案内人が真似をしたということらしいです。

昨夜、探偵ナイトスクープで、再放送をしていたので、その動画が出ていました。

2017年9月30日に、探偵ナイトスクープの番組が、ユーチューブにアップされているのを見つけました。

いつ削除されるかわかりませんが、とりあえず、貼り付けておきます。

画面最下部にある、横のバーを、動かせば、好みの所から再生できます。

当該の記事は、22分40頃からです。

<最後に>

この必殺技、効果があるみたいですが、ちょっと難点やら、疑問がありますね。

1.全身ビチョビチョになるので、客船の中とか、冬にはできませんよね。

2.それから、効果がどのくらい持続するのかが分からないですね。

3.最後にもう一つ、股間にかけるのは、男の場合だけなのかな?

今日の情報は、少なくとも、真夏にはええですね!

それでは、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

次は、MISIAの「明日へ」です。

MISIAは、歌が上手いですねぇ!

好きなんですが、カラオケで歌うことはできません、僕が歌うと、平板な曲になってしまうからですweep

まあ、歌唱力の問題ですね。

相手がMISIAなら、しゃーないですね。

9月になっても、1週間ほどは暑い日が続くみたいですが、みなさま、お身体に気を付けて下さい。

僕は、明日、肩腱板断裂の手術後の、診断とリハビリの日です。

右手は、少しは動くようになってきていますが、スポーツをできるようになるにはもう少しかかりそうですweep

じっくりと、ゆっくりと、時間をかけて、腱板を太くしていかなければ、また切ってしまうので、無理は禁物です。

頑張ります!

友人の辻口君の法律事務所のホームページと、ブログです。

太陽法律事務所ホームページ

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

辻口君のブログです。

スポーツ弁護士のぶさん

良かったら、一度見てあげて下さい。

辻口君の近著・”平和学”としてのスポーツ法入門です。

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

≪とっても明るい自転車のヘッドライト part2≫カテゴリー:「自転車関連」

トップページ

前回、ハブダイナモ(前輪の中心部にダイナモがあるタイプ)に限定して、自転車のヘッドライト・「キャットアイのHL-HUB150」をご紹介しました。

前回の記事

その後、「pika-♂ 」さんが、コメント欄で、街中でも明るいと言えば、これくらいのレベルでしょうか?と教えてくれた、乾電池タイプのヘッドライトは、かなり明るい物ですので、その製品もご紹介しようと思いますが、

まずは、自分が買った、「キャットアイ HL-HUB150」の感想を述べてみたいと思います。

<キャットアイ HL-HUB150の使い心地>

 合格点が、80点やとしたら、70点くらいですかね。

なぜかと言うと、pika-♂ さんも、コメント欄で言ってはったように、期待していたほどは、明るくないのです。

その理由としては、3点ほど考えられると思います。

1.ハブダイナモなので、自転車のスピードが遅い時には、その能力の100%が発揮されません

夜、街中で走る時は、周りが明るいことと、あまり速く走ると危ないので、ゆっくり走るので、100%の明るさになっていない可能性があります。

ごく一般的な、タイヤの横に倒して発電する、電球のヘッドライトの場合は、ゆ~くりと走ると、ほんのチョビットしか点灯しませんね、それと同じことです。

2.2000カンデラの明るさが、一番の売りやったので、きっと、すごく明るいやろうな、という期待が大きく、その分ちょっと期待はずれで、大きく評価を落としてしまったのではないかと思います。

3.乾電池式と違い、ダイナモ(発電機)で点灯させるので、ダイナモの性能(発電力)が悪いと明るさは大きく落ちてしまうので、ライトだけが悪いとは、一概には言えない場合があると思います。

 良い点としては

期待していたよりも暗かったのですが、

僕のように、自転車通勤をしていて、毎日、1時間は必ずヘッドランプを使う者にとっては、

電池切れの心配も、充電の心配もなく、暗くなったら自動で点灯してくれる、ハブダイナモタイプのヘッドランプは、非常にありがたい物です。

<結論として>

夜、長い時間、自転車に乗る人には、

電池タイプのヘッドランプよりも、ハブダイナモタイプのヘッドランプの方が楽なので、自転車を買う時には、ハブダイナモタイプの自転車をお勧めします。

注意しなければいけないのは、自転車を購入する時に、ダイナモ(発電機)が、前輪に組み込まれているので、ハブダイナモタイプの自転車を購入しなければいけないことです。

この点、充分にご注意下さい。

<アマゾン>

2000カンデラの明るさ

① キャットアイ HL-HUB150 シルバー

価格:2,940円

送料:通常配送無料

② キャットアイ HL-HUB150 ホワイト

価格:2,940円

送料:通常配送無料

さて、次は、pika-♂ さんが、コメント欄で教えて下さった、電池タイプのとても明るい、ヘッドライトをご紹介します。

<キャットアイ HL-EL540>

4000カンデラの明るさを誇ります

ハイ、ロー、点滅の3モード点灯

電池交換のタイミングが分かる、バッテリーインジケータ搭載

単3電池4本使用で、電池の持ちは、

ハイ:2時間、ロー:9時間、点滅:30時間

夜、自転車に長時間乗らない人には、これがいいですね。

ユーチューブに、動画がありました。

いかがですか?

価格:4,410円

送料:通常配送無料

同じ、キャットアイの、HL-EL540ですが、充電地が使用できるタイプもあります

価格:5,614円

送料:通常配送無料

<Dosun A2>

単3電池4本使用

以下の説明は、アマゾンのページから引用しました。

光センサーを搭載して、自動的にランプの明るさを調整。

SAL(センサーモード)を搭載し、周りの暗さに応じて光量を自動調節(100%~30%)。
これにより省電力を実現し、連続照射時間をアップさせました。

点灯・点滅モード:4モード(SAL、点滅、弱点灯、強点灯)

光束中心照度: 30 LuX @ 10M

照射時間:SAL約5~15時間、点滅約30時間、弱点灯約10時間、強点灯約5時間

価格:7,935円

送料:通常配送無料

もう一つ、ご紹介いただいた、Dosun D1は、むっちゃ明るいのですが、値段が、18,000円前後と、とても高く、また、電池もすぐに無くなるようです。

自動車のライト並みに明るいという評判です。

<Dosun D1>

価格:19,500円

送料:通常配送無料

連続使用時間:点滅モード約22時間、特強モード:3.5時間

ライトの部分と、充電地の部分が分かれていて、
充電地の部分は、フロントフォークに付けるようになっています。

電池式で明るいのは、電池の持ちが悪いですね。

明るさと、電池の持ちは、二律背反(にりつはいはん:両方は成り立たないと言うこと)なんですね。

この機種は、明るいけれど、値段が高いですね、僕が、今乗っている自転車本体と、同じくらいの値段ですので、僕の場合、ちょっと購入は無理ですねweep

僕の愛車の写真は、以下の記事に載せています。

大阪から、京都・嵐山まで往復サイクリング

もうすぐ、8月も終わりですが、未だに暑い日々が続いています。
みなさま、どうか、お身体に気を付けて、この夏を乗り切って下さい。

では、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

ホンマに暑い日が続いていますね。

でも、もう少しで、心地の良い秋の日になりますので、それまで頑張りましょう!

最後になりましたが、コメント欄に、色々な機種を紹介して下さった、pika-♂さん、ありがとうございました。

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (12)

2012年8月10日 (金)

≪服の中を爽やかな風が吹き渡る、とっても涼しい空調服≫カテゴリー:「お役立ち情報」

トップページ

今日は、先日テレビで紹介されていた(何の番組やったか忘れましたcoldsweats01)、猛暑を、涼しく乗り切るためのアイテムをご紹介します。

さて、どんなもんでしょうか?  それは、空調服と言う名前の服です。

<空調服の特徴>

 見た目は普通の服ですが、両サイドに丸い穴が開いており、そこから空気を服の中に取り込んで、襟回りや、袖口(そでぐち)から、その空気を出しているので、服の中を常に爽やかな風が吹き抜けているという状態になるので、とても涼しいです。

昨今(さっこん)の、節電ムードで、オフィスの空調温度の設定が、高くなっている企業が多いでしょうが、この服を着ていれば、少々暑い所でも涼しく過ごせます。

それから、この服、屋内だけでなく、屋外で作業をする人たちにも、熱中症予防として、とても好評らしいです。

 風が服の中を通り抜ける時、汗を蒸発させて体温を下げるという、気化熱の作用を利用して、涼しくさせます。

さて、どんな物かお分かりいただけたでしょうか?

一応、動画でも見ていただきましょうか?

さて、どんな物かは、一応お分かりいただけたと思いますが、欠点らしき点を挙げれば、充電池の持つ時間が、5時間ということですかね。

アマゾンに出品されています。

<アマゾン>

1.長袖ワークブルゾン(ファン付) 綿100% 生地薄地

 

価格:13,503円

2.綿薄手作業服 M-500U

 

カラー:モスグリーン、【サイズ】M

 

価格:10,998円

3. 長袖スタッフブルゾン (ファン付き) 099-KU90511

価格:12,400円

ロンドンオリンピックも、いよいよ後半戦に入りましたね。

今朝、放送していた、なでしこの決勝戦、見たかったけど、寝てましたcoldsweats01

銀メダルやったけど、しゃーないですよね。

一生懸命にやった結果ですから。

それでは、東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

次は、NHKのオリンピックのテーマソング、いきものがかりの「風が吹いている」です。

NHKで、オリンピックの結果などを放送する時には、いつもバックで流れている曲ですね。

プロモーションビデオのようですので、オリンピックが終わったら削除されるかもしれませんね。

それまで、お楽しみ下さい。

オリンピック後に、やはり削除されてしまったので、新しく差し替えました。

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

≪上部が開く便利な、トップオープンのキャリーケース、品番70340≫カテゴリー:「雑貨」

トップページ

先日、NHKの朝のニュース番組、おはよう日本の、「まちかど情報室」という、コーナーで紹介されていた、便利なキャリーケースをご紹介します。

<上部が開く、トップオープンのキャリーケース、品番70340の特徴>

キャリーケース(キャリーバッグ)は、下部に小さなキャリー(車輪)が付いているので、重い物を運ぶ時に便利ですね。

でも、運ぶ途中で、中のものを出したい時には、キャリーケースを横にして、フルオープンにしないと取り出すことが出来ず、ちょっと不便ですね。

そういう時に、キャリーケースの上の部分だけを開いて中の物を取り出せるようにしたのが、トップオープンのキャリーケースです。

まあ、以上の説明文で、大体のことはご理解願えたと思うのですが、ユーチューブに動画がありますので、せっかくですから見ていただきましょう。

いかがでしたか?

けっこう便利そうでしょ!?

昔から、リュックサックにこういうのがありましたよね。

縦長リュックの場合には、一番下に入れているものを取り出すのには、上の物を全部出さなければ取り出せないので、リュックの中を、上下3段くらいに仕切って、それぞれにチャックを付けて、一番下に入れた物でも、その部分のチャックを開ければ取り出せるようにした、あれですよ!

アマゾンにありますね。

<アマゾン>

価格:10,500円  ポイント:1,050pt(10%)

 

送料:通常配送無料・30日間返品送料無料

関西地方は、連日、猛暑日で、身体がかなりしんどいです。

身体が弱っている時には、ちょっとしたことでも病気になりやすいので、充分にお気をつけ下さい。

東北をはじめとして、頑張っている方たちへの応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

次は、NHKの、ロンドンオリンピックのテーマソングです。

いきものがかりの「風が吹いている」です。

オリンピックでは、バドミントンの、ランキング5位の、藤井瑞希垣岩冷佳ペアが、メダルを取りそうですね。

なぜかと言うと、

無気力試合で、中国、韓国、インドネシアの4ペアが失格になり、準決勝の相手が、繰上げで復活してきた、ランキング25位のカナダのペアになったからです。

ニュースで、無気力試合を見ましたが、お互いのチームが、サービスをネットに引っ掛けたり、スマッシュをネットの下の方に引っ掛けたりで、ひどい内容でした。

僕には、これは、選手たちのある種の抗議のように見えましたが、みなさんはどないでしたか?

監督やコーチに、わざと負けるように指示されても、アスリートたちは、ほんとはやりたくなかったんやと思います。

何年間も、苦しい練習に耐えて、やっと晴れの舞台に立てたのに、自分の力を出させてもらえず、わざと負けろ!と指示されるのは、誰でも嫌ですよね。

でも、幹部の言うことに逆らえないので、あれほどあからさまなやり方をしたのではないのでしょうかね!?

そう言えば、日本のなでしこジャパンも、600km移動したくないから、わざと、引き分け狙いを指示したと、監督がテレビのインタビューで堂々と言っていました。

僕は、その試合を、眠い目をこすりながら見ていたのですが、途中から、バックパスだらけになり、余りにも、だらけた試合になってしまったので、テレビを切ってしまいました。

明くる日になって、その間の事情を知ったのですが、今までの、なでしこを応援していた気持ちは、かなり冷めたものになってしまいました。

僕には、なでしこのやった行為と、バドミントンで失格になったチームの行為とは、同じように思えるのですが、みなさんは、どないに思われますか?

最後になって、おもろくない、お話にってしまい、すみませんでした。

それじゃまたねぇlovely

トップページ

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »