« ≪肩腱板断裂で、セカンドオピニオンの大切さを実感!≫ カテゴリー:「健康に関したこと」 | トップページ | ≪真横にも移動できる車いす・サイドウェイ≫カテゴリー:「健康に関したこと」 »

2012年3月29日 (木)

≪おしょう油をミスト状に噴霧できる入れ物・ソイミスター≫カテゴリー:「キッチン関連の製品」

トップページ

今日は、塩分制限をしている方たちにとって、とても便利な物をご紹介します。

NHKのニュース番組、おはよう日本の「まちかど情報室」というコーナーで、紹介されていた
しょう油入れで、ソイミスターと言います。

ソイ(soy)=しょう油(soy sauce)、大豆(soybean)

ミスター=Mr.のことかな?

<ソイミスターの特徴>

こんな感じの物です。

ソイミスターは、真ん中の背の高いのです。

横の二つは、ソルトミル(粒状の岩塩を挽く器械)と、ペッパーミル(胡椒を挽く器械)です。

41v4p6cjzdl__sl500_aa300_

最上部にある、出っ張ったボタンを押と、容器の底から、しょう油がミスト(霧)状になって出てくんです。

ですから、普通のしょう油さしのように、かけ過ぎるということがありません。

塩分を控えようとしている時でも、しょう油がドバっと出てしまい、結果的に塩分を取り過ぎるということがありますが、それを防ぐことができます。

動画でもあれば、ミスト状に噴霧するところがよく分かるのですが、残念ながらありませんでした。

要するに、上の出っ張ったボタンをピュッと押せば、下からシュッワーと出るというだけの話ですわ(笑)

アマゾンに出品されていて、ソルトミルと、ペッパーミルのセットで、ちょっとだけ安く売っています。

<Present-webがアマゾンに出品>

価格:4,790円

送料:北海道:480円、北東北:250円、南東北:180円、関東:無料
信越・中部・北陸・関西100円、中国・四国:180円、九州:480円、沖縄・離島:780円

さあ、これを利用すれば、余分な塩分摂取をカットできます!

と言いたいところですが、辛い味が好きな人って、少量しか出ないと、何度も、何度もプッシュして、結局、塩分を取り過ぎる人が多いですよねcoldsweats02

ですから、これを買ったからといって油断をせず、何プッシュまでOK、というように決めておいた方がいいでしょうね。

僕の肩腱板断裂縫合手術のリハビリは、一見順調なのですが、主治医の先生や、リハビリの先生たちには、非常に心配をかけているようです。

何故かというと、リハビリの時にも痛みが無いので、退院したら、無理をして、また腱板断裂をする可能性が高いやろうなぁ~bearing ということです。

病棟では、連日、看護師さんたちの手厚い看護を受けています。

それにしても、病院食だけではお腹が空きますねぇweep

でも、退院する時には、腹回りをせめてL寸にしようと思っているので、病院食以外は、余り食べないようにしようと思っています(病院食のみは無理ですぅbleah

地元で育った、元気で、親しみやすい、アヤちゃんです。

彼氏がいるとか、いないとか…?

P1020271_2

次は、小柄なアイちゃんです。アイちゃんと、アヤちゃんは、同期だそうです。

1枚どない?

と言ったら、普段、あまり話したことがなかったのですが、快く、OKでしたhappy01  

こりゃ、私の人徳でっしゃろlovely

アイちゃんが、今、夕食を運んで来てくれました。

さあ、食べよう。
P1020273

さあ、それでは、東北と自分自身への応援歌です!

小田和正の「ダイジョウブ」です。

全画面表示にしたい方は、画面右下の、四隅に向かった矢印がある所をクリックしたら、全画面表示になりますよ!

全画面表示終了するには、「Esc」キーを押して下さいwink

次は、この季節、今の時期に最適な、コブクロの「」です。

さてと、入院期間は、どうやら4週間のようです。

それまでに、一人で、日常生活ができるまでになりたかったのですが、どうやら無理のようです。

土、日は、リハビリがお休みなのですが、病室で、一人でやる許可が出るかな?

天気予報を見ていると、外は、やっと春らしくなってきたようですね。

僕が退院する頃には桜は散っているでしょうねweep

それじゃまたねぇlovely

|

« ≪肩腱板断裂で、セカンドオピニオンの大切さを実感!≫ カテゴリー:「健康に関したこと」 | トップページ | ≪真横にも移動できる車いす・サイドウェイ≫カテゴリー:「健康に関したこと」 »

キッチン関連の製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪肩腱板断裂で、セカンドオピニオンの大切さを実感!≫ カテゴリー:「健康に関したこと」 | トップページ | ≪真横にも移動できる車いす・サイドウェイ≫カテゴリー:「健康に関したこと」 »