« ≪サラダスピナー「ウォッシュ&フレッシュ」:野菜をくるくる回して洗いましょう!≫ カテゴリー:「キッチン関連の製品」 | トップページ | ≪機能をメモに絞ったデジタルメモ・ポメラDM20≫ カテゴリー:「お役立ち情報」 »

2010年1月 6日 (水)

≪お酒の飲み方!≫ カテゴリー:「お酒」

みなさま、明けましておめでとうございます!

まだ、松の内やからこの挨拶でエエですよね?!

今年初めての更新とはなりました。

僕は、年末から年始にかけて、伊豆の下田にいました。

ネットブックとデータ通信カードを持って行ったので、向こうでブログの更新をするつもりやったのですが、向こうでは、色々と所要があって、更新できませんでした。

所要と言っても、実は、宴会でして・・・ハハハ!

ま、そういうことで、今日は、お酒の飲み方を、ちょっとだけ言ってみようかな、と思います。

なぜ、そんな分かりきったことをいまさら書くのか!?

と、お怒りの方もいらっしゃるかと思うのですが、年末の忘年会、更に、宴会で、結構なお年の方でも、酒とアテの関係にまで気を付けて酒を飲んでいる方が少ないということに気付いたので、一言申し述べてみたくなったという次第です。

① 日本酒編

日本酒は、コップなどの大きな器では飲まないようにしましょう。

日本酒は、がぶがぶと飲むのではなく、杯に入れて、少し口に含んで、口中で回すようにして飲むと、口の中から、鼻の奥に、香りが届き、えも言えぬくらい、酒の美味しさが増します。

さあ、それでは、まずアテを食べてみてください、日本酒のアテには、醤油か味噌を使って調理した物が合います

よく噛んで食べたら、酒を含んで口中で回すようにして飲んでみて下さい。

酒の味は、どないですか?

次に、他のアテを食べて同じように酒を飲んでみて下さい。

さっきのアテの場合と、酒の味が変わったでしょ?! どないです?

分かりにくい時には、

日本酒のアテには全く合わないような物、例えば、餃子とか、鶏の唐揚げとかを食べて、飲んでみて下さい。

これなら、さっきまでの美味しい日本酒の味は、一体、何処へ行ったんや! と、思わず叫びたくなるほど、日本酒の味が分からなくなったでしょ?!

日本酒は、このように、アテとの相性をみながら、楽しんで飲むと、とてもおもろくて、この酒ならどんなアテが合うかな? と、色々なパターンを試してみたくなるようになると思います。

② ビール編

ビールは、かなり許容範囲が広いので、色々なアテに合いますが、やはり、餃子や、鶏の唐揚げなどがいいでしょうね!

僕が合わないと思うのは、酢の物ですね。

酢の物を食べた後に、ビールを飲んでみて下さい。

折角のビールが、発泡酒か、第三のビールみたいに、味気無くなってしまいます。

でも、酢の物のこの性質を利用すれば良いこともありますよ!

それは、日本酒を飲んでいる時、肉などの脂っこい料理を食べてしまった場合に、酢の物を食べれば、舌の感覚が戻って来て、また、日本酒を楽しめるようになるんです。

これは、コース料理などの順番や、寿司を食べている時などにも応用できますね。

例えば、トロなどの脂っこい物を食べた後には、酢で〆た物を頼めば舌の感覚が戻ります。

こんな風に、酒とアテとの相性をみながら、酒を飲んでいる人は、どうも、かなり少数派なようですが、杜氏をはじめとした、蔵人たちが、精魂込めて造ってくれた酒を飲むのには、このくらいの注意を払うのが良いのではないかと、僕は思う次第です。 エッヘン!(笑)

さて、年の初めから、ウンチクじみたことを言ってしまいましたが、これも、ひとえに、みなさま方の、健康を思ってのことです。

な~~~んちゃって!

でも、こんな風にして酒を飲むと、あまり量を飲まなくとも満足するようになりますよ!

だって、酒を美味しく感じなくなったら、もう飲みたくなくなるからです。

さあ、今年一年頑張りましょう!

飲み過ぎに注意!

それは、アンタのことやろうって?!

ハハハ! おっしゃるとおり!

お互いに気を付けましょう!

それじゃまたねlovely

|

« ≪サラダスピナー「ウォッシュ&フレッシュ」:野菜をくるくる回して洗いましょう!≫ カテゴリー:「キッチン関連の製品」 | トップページ | ≪機能をメモに絞ったデジタルメモ・ポメラDM20≫ カテゴリー:「お役立ち情報」 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪サラダスピナー「ウォッシュ&フレッシュ」:野菜をくるくる回して洗いましょう!≫ カテゴリー:「キッチン関連の製品」 | トップページ | ≪機能をメモに絞ったデジタルメモ・ポメラDM20≫ カテゴリー:「お役立ち情報」 »