« ≪テレビで紹介された情報を、ほぼリアルタイムで検索できるサイト≫ カテゴリー:「お役立ち・おすすめサイト」 | トップページ | ≪無料で質問できて、無料で答えを得ることのできるサイト:OKWave≫ カテゴリー:「お役立ち・おすすめサイト」 »

2009年6月19日 (金)

≪テニスのストロークの打ち方!≫ カテゴリー:「スポーツ」

さて、今日は、別のことを書きたかったのですが、余りにもびっくりするような話を聞いたので、話題を急遽変えることにしました。

思わず、えー!? と叫んでしまうこととは?

《テニスのストロークの打ち方に関して》

昨日、聞いた話なんですが、グランドストローク(一度コートにバウンドしたボールを打つストローク)の打ち方で、打つ方向に左足を踏み出せ! と教えられました。

と言っていた子がいたんです!

足を踏み出してボールを打つと言うことは、ボールに体重を乗せて打つということで、それ自体は良いのですが、問題は、打つ方向に足を踏み出すということです。

<なぜ問題かというと>

ストレートに打つ時は、ストレート方向に左足を踏み出し、

クロスに打つ時には、クロス方向に左足を踏み出すと、

私は、今からストレートに打ちますよ、クロスに打ちますよ! 

と、相手に教えるようなもので、相手としては非常に楽ですよね。

<特に、ダブルスの時などには>

相手の前衛は、クロスに踏み出すのを見たら、すぐにポーチに出て、ボレーを出来るので、楽勝ということになりますね。

では、

<どう打てば良いのか?!>

硬式テニスの場合は、もうすでに、ストレートもクロスも、オープンスタンス(打つ方向に向かって足を広げて打つ)で打つのが常識になっていますね。

ソフトテニスの場合は、完全なオープンスタンスでは打ちにくいかもしれないので(ボールが柔らかくて体重を乗せにくい)、

オープンスタンスと、クローズドスタンスの中間くらい(斜め45度くらい)で打てばいのではないですかね。

そうすれば、ボールに体重を乗せることが出来るし、相手に、何処に打つか分からないようにすることもできると思います。

そして、打つ方向に足を踏み込め!と教えた指導者の面子(メンツ)を立てることにもなりますね。

日本のスポーツの指導者は、未だに、「黙って俺について来い!」 というタイプの人が多いですからね・・・。

小さい頃に習った打ち方は、大人になってから、なかなか修正できないので、初めから実行した方がいいと思いますね。

<ついでにもう一つ>

常に下がって、低い位置で打つばかりでなく、高い位置(肩口辺りの高さ)からも、積極的に打っていく練習を取り入れれば、もっと強くなると思います。

高い位置で打つということは、ネットに、より近い位置で打つということで、攻めのテニスになりますね。

指導者が、自分が小さい頃に習ったことを、そのまま教えたら、いつまで経っても進歩しませんね。

ソフトテニスも、この数年で大分変わってきているので、いつまでも昔の考え方にとらわれていたら取り残されてしまいますね。

ガンバ! ガンバ!

じゃまたねぇlovely

|

« ≪テレビで紹介された情報を、ほぼリアルタイムで検索できるサイト≫ カテゴリー:「お役立ち・おすすめサイト」 | トップページ | ≪無料で質問できて、無料で答えを得ることのできるサイト:OKWave≫ カテゴリー:「お役立ち・おすすめサイト」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪テレビで紹介された情報を、ほぼリアルタイムで検索できるサイト≫ カテゴリー:「お役立ち・おすすめサイト」 | トップページ | ≪無料で質問できて、無料で答えを得ることのできるサイト:OKWave≫ カテゴリー:「お役立ち・おすすめサイト」 »