« ≪ティアックの骨伝導ヘッドホン ・フィルチューン/Filltune・HP-F200の試聴感想!≫ カテゴリー:「AV機器・ヘッドホン」 | トップページ | ≪ティアックの骨伝導ヘッドホン ・フィルチューン/Filltune・HP-F200の試聴感想・パート2!≫ カテゴリー:「AV機器・ヘッドホン」 »

2008年4月 3日 (木)

≪モイストヒーリング(傷を湿ったままで治す・湿潤療法)≫ カテゴリー:「スポーツ」

先日、日経で(リアルシンプルジャパン編集部)、傷の直し方が最近変わってきたと言う記事が出ていました。

今まで 「傷はかさぶたを作って治す(乾かして治す)」 と言う考え方が一般的だったのが、最近では、傷を乾かさずに表面をぴったり覆って滲出液(しんしゅつえき)を保ったほうが早く治るというのが通説に。 と言う内容でした。

具体的にどういうことかと言うと、切り傷などの場合、まず傷口を水で綺麗に洗い、その後、ラップで傷口をぴったりと覆ってしまう。 と想像していただければよいと思います。

この治療法は確か2.3年前にどこかで知って、一度自分で実践したことがありました。その時はまだ専用のばんそうこうは一般的でなかったので、ラップで代用しました。

傷の治り具合は具体的に覚えていませんが(目に見えて早く治ったようには感じませんでしたが、綺麗に治ったように覚えています)、ラップをピタッと貼っておくことが結構難しかったように思います。

現在ではこの治療法のためのパッドが、ジョンソン・エンド・ジョンソンから 「キズパワーパッド」 という名で発売されているそうです。

この記事では書かれていませんでしたが、この治療法では、消毒薬を傷口につけないということも、セットであったように思います。

なぜ消毒薬をつけないのかというと、この治療法は傷口をラップ状のもので覆って、人間の持つ自然治癒力(具体的には滲出液)で傷を治すという方法ですが、消毒薬をつけると、この滲出液に含まれる傷を治す成分まで殺してしまうからです

滲出液とは:傷口から出てくる血漿(けっしょう)成分のことで、細胞の成長を助け、傷の治癒に欠かせない役割を果たす(日経の記事より)。

ではなぜこのことが記事に書かれていないかと言うと、この治療法が医学界では未だメインの治療法として認知されていないからでしょう。 

現代のような訴訟社会では、傷口を消毒しないということを、公器である新聞が記事として載せるにはちょっと躊躇せざるを得なかったのでしょうね。 

でもこれでは 「画竜点睛を欠いた記事や!」 と言われてもしゃーないですね。 この治療法の大事なことを欠いてしまっているんですからねbearing

ではまたねぇlovely

そうそう、ティアックの骨伝導ヘッドホンの感想第二弾は、いろんな人に試して貰っていますのでもう少し待って下さいね。

|

« ≪ティアックの骨伝導ヘッドホン ・フィルチューン/Filltune・HP-F200の試聴感想!≫ カテゴリー:「AV機器・ヘッドホン」 | トップページ | ≪ティアックの骨伝導ヘッドホン ・フィルチューン/Filltune・HP-F200の試聴感想・パート2!≫ カテゴリー:「AV機器・ヘッドホン」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪ティアックの骨伝導ヘッドホン ・フィルチューン/Filltune・HP-F200の試聴感想!≫ カテゴリー:「AV機器・ヘッドホン」 | トップページ | ≪ティアックの骨伝導ヘッドホン ・フィルチューン/Filltune・HP-F200の試聴感想・パート2!≫ カテゴリー:「AV機器・ヘッドホン」 »