« ≪湯泊まり(ゆどまり)って何? パート2!≫ カテゴリー:「旅行・地域」 | トップページ | ≪あゆのカメラ FX33に後継機が登場!≫ カテゴリー:「デジカメ」 »

2008年2月18日 (月)

≪DVDの劣化で読み込みが不能!≫ カテゴリー:「AV機器」

日経は土曜日の朝刊に、「NIKKEIプラス1」という別版を出していますが、そこにノンフィクション作家の山根一眞氏が毎週連載している、「デジタルスパイス」と言うコーナーがあります。

2/16(土)の記事の中で、「先週ある新聞が、DVDディスク寿命格差、出荷段階で不良品も。という記事を載せて大きな反響を呼んだが、私は(山根氏のこと)、やっと今になってという思いがした」 と書いていました。

その問題について山根氏は、「すでに4年前の1月に、<ディスク樹脂の劣化(化学反応)が原因でCD-Rの記録が消えた> として2週にわたり取り上げた」 と書かれています。

僕もその記事を確かに読んだ記憶がありますが、自分では対処の仕様が無い問題なので、ホンマに大事な物は、記録の時期をずらして複数のディスクに保存するか、紙に印刷するかしないとアカンなと思っていました。

山根氏は2台のハードディスクにデータを保存しているそうです(ハードディスクも壊れやすいメディアですから・・・)。

僕自身も、傷も何も無いのに読み取れなくなったDVDはよーけあるので、いつもなんでや?! と思っていましたがね。

特に、DVD-RAMに多いように感じるのですが、皆さんはどうなんでしょうか?

なんやこれやったら、昔ながらのテープの方が全く消えたりはしないので良いように思えてきますね(笑)。

改善はされるのでしょうかね?

当面の対策としては、記録の時期をずらして(例えば、3年毎に新しいDVDにダビングする)複数のDVDに保存する。 と言うような対処療法しかないのでしょうね。

みなさん、お気を付け下さい。

じゃまたねぇ。

|

« ≪湯泊まり(ゆどまり)って何? パート2!≫ カテゴリー:「旅行・地域」 | トップページ | ≪あゆのカメラ FX33に後継機が登場!≫ カテゴリー:「デジカメ」 »

AV機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪湯泊まり(ゆどまり)って何? パート2!≫ カテゴリー:「旅行・地域」 | トップページ | ≪あゆのカメラ FX33に後継機が登場!≫ カテゴリー:「デジカメ」 »